小さな植林隊/竹林の会/エコの庵

環境情報 平成26年9月15日(日)



平成26年8月豪雨(京都、兵庫、広島 など)


気象庁は、7月30日から8月26日までの約1ヶ月間にわたる記録的な豪雨を、
「平成26年8月豪雨」としました。

●8月1日から5日まで、台風12号による四国を中心とした大雨。
●8月7日から11日まで、台風11号による東海、近畿、四国地方などでの大雨。
●8月11日以降も日本列島に停滞した前線や暖湿流による局地的な大雨。特に8月16日から17日に
かけての福知山市での豪雨で洪水、19日夜から20日未明にかけて広島市での豪雨で土砂災害と
なりました。

西日本太平洋側の月降水量は、平年比301%となり、1946年の統計開始以来、8月としては
最も多くなりました。反対に、西日本太平洋側の日照時間は平年比54%となり、
同じく統計以来最も少なくなりました。


地域では、高知県香美市繁藤で平年比6、67倍、徳島県阿南市蒲生田で6、43倍など、
各地で観測史上の記録が更新されました。



気象庁ホームページ 8月の天候 より


来年の夏はどの様な天気になるのでしょうか。。。

戻る


最初