竹林の会/小さな植林隊

環境情報 平成26年(2014年) 2月15日(土)



再び大雪


再び記録的な大雪が降りました。
これで2週連続。

甲府では積雪が114cmで、1894年の観測以来、歴代1位、
熊谷では積雪が62cmで、1896年の観測以来、歴代1位、など、
各地で観測史上の記録を更新する程の大雪でした。



偏西風が北半球で蛇行し、異常気象がもたらされたそうです。
日本では2月頃から、偏西風が南に蛇行して、
強い寒気が南下しているところへ、低気圧が通過し、
またその進みが遅かった事も加えて、大雪になりました。

欧米でも12月頃から同じような減少で、大雪や大雨に見舞われました。

今回の大雪によって村落が孤立したり、建物の屋根が崩落するなど
被害も発生しました。



戸田では、明け方に雨となり、朝には止んでいましたが、
外に出ると、水を含んだ雪となっていました。

側溝に雪が溜まって、溶け出した水が排水されない状況でしたので、
側溝の上の雪をどかし、溶けた水が流れていくように水の流れを作りました。
その後、人が歩く部分の雪かき。

埼玉では雪はたまにしか降らないので、降ってくると嬉しくなりますが、
大きな被害が出てしまうような大雪だとやはり困ります。

戻る


最初