小さな植林隊/竹林の会

環境情報 平成24年(2012年) 9月16日(日)



北極海の氷 観測史上最小 349万平方キロメートル


平成24年(21012年) 9月16日時点で、北極海の氷が観測史上最小となる、
349万平方キロメートルとなりました。 5年ぶりの最小記録更新です。

これまでの過去最小記録は、平成19年(2007年)9月の425万平方キロメートルで、
そこから日本列島が2つ分小さくなりました。
400万平方キロメートルを下回ったのも今回が初めてです。
1980年代の平均的な面積と比べると半分以下にまで縮小しました。



            (気象庁 「海氷域面積の長期変化傾向(北極域)」から引用。一番下がっているのが2012年)



1980年代の9月最小時期の平均的分布
(米国衛星搭載マイクロ波センサの解析結果)
2012年9月16日
「しずく」/AMSR2(アムサー・ツー)[検証中]
(観測史上最小分布)
     (JAXA 北極海海氷の観測データ解析結果について〜北極海海氷の面積 観測史上最小記録更新〜)から引用


北極の氷は、地球温暖化により、面積だけでなく厚さも薄くなってきています。

北極に住むホッキョクグマへの影響は言うまでもなく、種の絶滅にまで関わる問題になります。
ただ、問題はそれだけではありません。

北極の氷が減少傾向にあることは、気候の変動が人間の予想できない形で
きっとあらわれるはずです。

北極の氷がなくなるということは、これまでの気温に関しての均衡が崩れることを意味します。

戻る


最初