小さな植林隊/竹林の会

環境情報 平成24年(2012年) 8月28日(火)



ニホンカワウソ(日本川獺)絶滅指定


大変残念な情報です。

ニホンカワウソの生息する姿が昭和54年(1979年)以降発見されておらず、
平成24年(2012年)8月28日に絶滅指定されました。(環境省発表)


<絶滅の原因 1>
明治、大正期に猟銃が高性能化、大衆普及し、一部の人の特権であった狩猟が広く盛んになった事、
戦争の防寒具としての毛皮が保温性に優れていることで珍重された事、
ニホンカワウソの肝臓が病に効くと信じられた事から、乱獲され生息数を激減させました。


昭和 3年(1928年)狩猟禁止となりましたが、時既に遅く、絶滅へ向かうことになりました。
昭和39年(1964年)天然記念物に指定。
昭和40年(1965年)特別天然記念物に指定。
昭和54年(1979年)最後の生息姿の確認。
平成24年(2012年)絶滅認定。


第2次世界大戦後、香川県から愛媛県にかけての沿岸部と、高知県南西部の沿岸に
わずかに生息数を残すのみとなりました。


しかし、その残り少なくなったニホンカワウソに追い討ちをかけたのが、
人間の活動によるものです。


<絶滅の原因 2>
●コンクリートの護岸工事等による河川の破壊。それに伴う、生息地、繁殖地の減少と、
縄張りの縮小によるニホンカワウソ同士の争い。
●農薬、洗剤、工場排水などの汚染水の垂れ流しにより、餌となる魚の減少や、
ニホンカワウソ自体の汚染。
●生簀(いけす)の食害を防ぐ為の駆除等、漁業との軋轢。
●交通事故による死亡。
●密漁、保護対策の遅れ。


かつては礼文島、北海道、本州、四国、九州、壱岐島、対馬まで
日本中の陸地から島々に至るまで広く生息していたそうです。

そのニホンカワウソが、一匹も残らず絶滅してしまうとは本当に悲しいことです。



<考える事>
昭和3年に狩猟禁止をしていたにもかかわらず、昭和54年が最後の目撃となりました。
絶滅したと思われる50年以上も前に保護政策を採ったにもかかわらず、
結果として絶滅したというのは、いかに生き物を守ることが難しいかを表しています。

人間にとって有用だからといって、無慈悲に乱獲することがいかに間違っているかを
ニホンカワウソは、絶滅によって示してくれました。

また、他の生き物が自然の中には存在しているという認識を持ち、
必要のない自然破壊は行わない、
どうしても必要ならば、他の生き物にも配慮した方法をとらなければいけないという
教訓もニホンカワウソが与えてくれました。


種が絶滅したら二度と回復しません。

この大きな教訓を今後にいかしていくことが、
ニホンカワウソを絶滅させたことへの、せめてもの人間の罪滅ぼしだという気がします。



*絶滅指定後、愛媛県でニホンカワウソ目撃情報がいくつか寄せられたそうですが、
平成26年(2014年)6月24日、愛媛県へ電話で確認したところ、
県はその後発見する事はできていないという回答でした。

戻る


最初