竹林の会/小さな植林隊

雑記 平成28年(2016年) 8月12日(金)



ひっくり返ったせみは


この時期、せみが道端にひっくり返っているのをよく見かけます。

道端に倒れているせみを見かけたら、私は、人差し指を出します。
すると、せみは足を指先に絡ませてくるので、簡単に救えます。

普通、せみは手で掴むと、ジージー鳴いてうるさいですが、このやり方だと、
せみは自分からくっついてきているので鳴きもせず、非常におとなしいです。

指先にくっついた状態で、木の幹まで持っていくと、後は勝手に動いて移動します。

ちなみに、せみは安堵すると、くちばしを立てて、樹液を吸う行動をしてきます。
それを皮膚の上でされると痛いので、くちばしを立ててきたら、腕を少し振って緊張させます。

指先にくっついている状態だと、せみをじっくり観察することができます。かわいいですよ。
これから先、倒れているせみが増えてくるので、是非お試しください。

夏の昼間の道路は灼熱地獄なので、ひっくり返ったせみは熱くてそんなにもたないと思います。

人間は普段靴を履いているからわかりませんが、夏のプールサイドや、海の砂浜の熱さを
思い出してもらえばすぐに分かると思います。おそらく熱くて10秒も立っていられないと思います。

当然、犬の散歩も、夏の日中は厳禁です。

戻る


最初