小さな植林隊

雑記 平成23年4月12日(火)



福島原発 レベル7の事故へ


 内閣府の原子力安全委員会は11日、福島第1原発事故について、発生当初から数時間、1時間当たり最大1万テラベクレル(ベクレルは放射能の強さ。1テラベクレルは1兆ベクレル)の放射性物質を放出していたとの見解を示した。現在は1時間当たり1テラベクレルほどまで落ちているとみている。

 数万テラベクレルは原発事故の深刻度を示す国際原子力事象評価尺度(INES)の最も深刻なレベル7にあたる。今回の事故は数時間の放出でレベル7に相当するため、現在レベル5としている政府は、引き上げの検討に入った。過去に発生したレベル7の事故には86年のチェルノブイリ原発事故がある。

 INESは、程度の低い方から、レベル0〜7の8段階に分類している。スリーマイル島原発事故(79年、米国)はレベル5、茨城県東海村で起きたJCO臨界事故(99年)はレベル4とされている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

事故発生当初から1万テラベクレル発していたとの見解、
つまり、その時点で最も深刻なレベル7に相当するにもかかわらず、
国はレベル5で発表していたということは、まさに嘘の情報を流していたことになります。

これが国の実態です。

国は何を恐れているかというと、
国民が「パニック」になるということです。

パニックになるのを避ける為には、偽りのことも言うのが、実証されました。


国の立場で考えるなら、そのように言うしかない、というのも、
全くわからないという訳でもありません。


つまり、ここが、原子力政策の限界なのです。


重大な危機が起こって、本来はすぐに周知し、国民を安全に非難させなければいけないのに、
パニックになるのが怖い為、正確な情報は伝えることができない。
動けないわけです。

情報を伝えることができない訳ですから、
原子力政策を今後も採り続けるということは
また事故があっても同じように隠されるわけです。

そういう点からも、原子力政策は、今後は採るべきではありません。
戻 る


TOP