小さな植林隊

雑記 平成23年(2011年)1月28日(金)


青森県六ヶ所村視察(再処理工場等)その2


さて、1階と地下は原燃ツアーズ。
大型模型で原子燃料サイクル施設を再現しています。
再処理工場貯蔵の模型です。使用済燃料棒が水中で貯蔵されます。この燃料棒が引き抜かれて。

せん断へ向かいます。横になっている銀の棒が使用済燃料棒。横転クレーン(緑の機械)が引き抜きの機械。

使用済燃料棒が送り込まれています。3〜4cmの小片に切断されます。

使用済燃料棒を覆っていた被覆菅(合金のさや)が硝酸溶液で溶かされます。

オレンジが硝酸溶液、赤いのが燃料被覆菅です。被覆菅は回収され容器に入れて貯蔵庫で保管します。

パルスカラムという装置でウラン、プルトニウム、核分裂生成物(高レベル放射性廃棄物)に分けられます。

高レベル放射性廃棄物は廃液としてガラスと混ぜ合わされ、ガラス固化されます。

ガラスと混ぜた高レベル放射性廃棄物(ガラス固化体)は、ステンレス容器(キャニスター)に入れて冷やされます。

ステンレスの容器をキャニスターといい、そこにガラス固化された高レベル放射性廃棄物が入った
状態のものをガラス固化体といいます。

ガラス固化体は直径約40cm、長さ130cm、重さ150kg(実物は)です。
ステンレスの厚さは5mm。
キャニスターの中の高レベル放射性廃棄物は、核分裂反応が続いており、
表面温度は250度という高温状態です。
これを30〜50年保管(空気で冷まして)して、100度に下がるのを待ちます。

大量の放射線が出ており、しがみつくと10〜20秒で即死ということを原子燃料サイクル施設の方は
説明していました。(表面温度のことを抜きにして)


その3へ続く

戻 る


TOP