小さな植林隊

雑記 2010年2月13日(土)



六ヶ所村再処理工場 勉強会


2月13日に民主党の議員さん達に六ヶ所村再処理工場の危険性を伝えてきました。
大宮の方で環境保全を行っている団体と生活クラブ生協の方々と一緒に行いました。

六ヶ所村再処理工場は青森県の六ヶ所村にあります。
何が危険かというと、再処理工場からは、原子力発電所からでる放射性物質の1年分の量が、
なんと1日で放出されてしまいます。

再処理工場では、原子力発電所からでた使用済み核燃料を、放射性物質が飛び散らないように被覆してある金属カートリッジごとせん断して、硝酸をかけてどろどろにした後、ウランとプルトニウムを取り出します。この工程で回収しきれない放射性物質を空と海に撒き散らします。
放射性物質の危険を順を追って説明します。


1、外部被曝と内部被曝

放射性物質は放射線を出します。
その放射線を浴びることを被曝(ひばく)といいますが、例えば、広島や長崎に落とされた原子爆弾など、外部から放射線を浴びることを外部被曝といいます。
それに対して、呼吸や、食べ物を通して体内に放射性物質を取り入れて、体の内側から放射線を浴びてしまうことを内部被曝といいます。
再処理工場稼動による被曝の懸念は内部被曝です。

2、「放射性廃棄物は希釈されるから安全」は真実か

原子力発電所や、再処理工場を推進する側は、放射性廃棄物は希釈されるという主張をしています。高レベル放射性廃棄物は液体と気体として、自然界に放出されますが、液体としては沖合い3km、深さ50mにある排水管から海へ放出されます。海に放出すると希釈されるから安全、というのは誤った認識で、参考資料1のように、太平洋側には親潮というのがあり、また、津軽暖流というのが陸に沿って流れているので、海流は太平洋沖に拡散せず、南下して三陸方面へ流れていきます。

参考資料1、六ヶ所村再処理工場からの放射能汚染
海流に乗って三陸海岸が汚染される
美浜の会パンフレットよりhttp://www.jca.apc.org/mihama/pamphlet/leaf_sanriku.pdf

以前、あるところが六ヶ所村から葉書を海に流すという実験をした結果によると、一番多く届いたところは茨城県の大洗海岸でした。ですので、三陸沖にはおいしい海産物がたくさんありますが、海流に沿って徹底的に汚染されてしまいます。

日本より先に稼動しているイギリスの再処理工場セラフィールドの場合ですと、参考資料2のように、工場から排出されたプルトニウムが北極海で確認されています。プルトニウムというのはとても毒性の強いもので角砂糖1個で2000万人の致死量に相当します。角砂糖6個分を日本のみんなに均等に渡せば、みんな死ぬことができるというものです。イギリスと同じ縮尺の地図を見ると、日本全体に汚染が回ることが想定されます。

参考資料2、イギリスでの汚染範囲
黒い点がプルトニウムが確認されたところ
同じ縮尺で日本を表示すると海流の流れによって全国が汚染されることが確認できる

http://www.jca.apc.org/mihama/reprocess/hibaku022msv.pdf より

また、気体として150mの高さの煙突から大気へ放出すると、このあたりはやませという北風が吹いているところで、六ヶ所村の再処理工場から排出されると岩手県の方に飛んでいきます。

再処理工場から排出される放射性物質は、普通の原子力発電所で排出される1年分が、1日で放出されるため、六ヶ所村には、365基の原子力発電所があるのと同じことになります。


3、希釈されたものが再び集積する「生物濃縮」

さらに汚染物質は食物連鎖を通していくなかでどんどん蓄積していく、「生物濃縮(生体濃縮)」というのがあります。参考資料3のように、生物濃縮によって、自然界に存在している状態よりもはるかに高い濃度に濃縮され、人の体内に入ってきます。

例えば1兆分の1というごく微量の放射性物質を自然界に流したとします。微生物はそれを栄養と勘違いをして体内に取り込み濃縮されます。そしてその微生物を小魚が食べて濃縮、その小魚をより大きな魚が食べて濃縮、そしてその魚をより大きな動物が食べて濃縮することで最終的には何万倍と濃縮されていきます。PCBの時にはある湖での濃縮が350万倍というのがありました。ですから1万倍程度であればよく起こりうる事になります。最初に1兆分の1で出されたものが、1万倍されて、1億分の1になります。

参考資料3、放射能は生体濃縮(生物濃縮)する


4、放射線の被害は距離の二乗に反比例

飛行機に乗ると放射線を浴びることになるのですが、遠いところからきているので怖いものではありません。しかし、体の内側に食べ物を通して放射性物質を取り入れてしまい、細胞のすぐそば、0.1mmのところから放射線を浴びるようになると話は別です。

参考資料4のように、例えば、1mの距離から放射線を浴びた時の影響度を1とします。

参考資料4、放射線の被害は距離の二乗に反比例する

放射線の被害には定理があり、「距離の二乗に反比例する」というのがあります。0.1mmというのは1mの1万分の1です。これが反比例し二乗すると、反比例というのは逆数になる、つまり分母と分子が入れ替わりということですので、1万分1mを逆数にしてさらに二乗すると1億倍の被害になります。

そうすると元々1兆分の1で問題ないといっていたのが、生物濃縮で1万倍されて1億分の1、さらにそれを体内に取り込むことで1億倍されて、最終的に1になる訳です。ですから1兆分の1だから大丈夫ですというのではなく、実は最終的に問題が出てきてしまうことになる訳です。

また、子どもの場合はさらに影響が出やすくなります。1兆分の1が1億分の1、そして最終的には1になると言いましたが、それが子供の場合は10、赤ちゃんは100になると言われています。というのも、子ども、特に赤ちゃんの時は細胞分裂が活発に行われるからです。1つの受精卵から2個に分裂し、4個に分裂し、8個に分裂と繰り返していく中で、人の体の形が作られていきます。最初の段階でDNAが破壊されてしまいますと、異常な細胞が増殖していきます。

その結果が、イギリスのセラフィールド再処理工場周辺で見られた子どもの白血病や癌の増加であったり、あるいは劣化ウラン弾をうちこまれたイラクでの白血病や癌、奇形児の増加に出ています。因果関係が100%証明されている訳ではありませんが、工場の稼動前、戦争前の発症率と比較すると急激な増加であり、逆に無関係を証明するのは難しいことです。

 妊婦の人がX線写真の撮影を避けなければいけないのは、その様な被害を起こさない為です。


5、「低線量(微量)被曝は害がない」は真実か

 放射性物質を体内に取り入れるとどの様な影響が出るのか、それを考えると低線量の被曝だから安心とは思えなくなります。

放射性物質は体内に取り込まれると、細胞のすぐそばから放射線を出します。その放射線は細胞膜を破壊し、DNAを破壊します。しかしながら、細胞には優れた機能があり、壊れたDNAを修復する機能があります。例えば体外からの1度の被曝であれば、壊れたDNAは元に戻る可能性があります。

しかし、体の内側に入った放射性物質は、細胞のすぐそばから継続的に放射線を放出してきます。そうするとDNAが完全に修復する前に再び放射線でDNAが破壊されてしまいます。それを繰り返しているとDNAが異常な状態で再結合したり、突然変異を起こしたりします。これが癌や白血病の原因の一つになります。

 日本で原爆を落とされたときに現場にいなかった人が、後日、家族を探すために爆心地にいって、その後被曝の症状を起こす原爆ぶらぶら病や、イラクであった湾岸戦争症候群という言葉に表されるように、内部被曝の脅威は存在します。

放射性物質の半減期(放射線を発する能力が半分になること)は短いもので1週間程度ですが、長いものでは何万年、何億年というのがあります。生物にとっては永久といっていいほどの期間、放射線を発します。1度人工的に作られた放射性物質は食物連鎖が繰り返されるなかで、地球上を永遠に巡ります。

長崎大学が、原爆投下から60年以上経った現在でも、放射線が細胞内で発せられているのを確認した映像があります。

http://www.youtube.com/watch?v=P6RE7s5LMfg&feature=PlayList&p=71E268376B1D931C&index=0&playnext=1

youtubeで「死の灰の内部被爆確認」で検索すると見れます。*爆の字に注意)

このように放射線はDNAを破壊する力を持っているので、それを体内に取り入れてしまうこと自体が、危険な行為であり、低線量だから安心ということはありません。

つまり、内部被曝は「希釈」や「低線量」という言葉では誤魔化す事ができない、大変危険なことであるといえます。

戻 る

TOP