小さな植林隊

雑記 2009年9月29日(火)






先日、近くに住んでいる方が、猫を探しているということで
訪問してきました。

今私が住んでいるマンションでは、10年に一度の大規模修繕工事が始まり、
マンション全体を、足場を組んでシートで取り囲み、約3か月に渡って
補修などが行われています。

組まれた足場にいることろを見かけたそうで、
まだ捕まっていないから、えさをベランダに置いて、
近くに来たら捕まえてほしいということでした。

その猫は数日後に無事に捕まえられて、飼い主のもとに戻ったそうで
よかったよかったと思っていたら、
今度はうちの猫が逃げ出してしまいました。

ベランダに出てみると、1階下の4階の足場のところをうろうろしています。
猫も戻りたいのに戻れない状況でこちらに向かって鳴いていました。

下りて行って、抱きかかえて上に引き上げましたが、
いつもは抱きかかえようとするとすぐに逃げるのに、
この時は逃げなかったので、やっぱり怖かったんだと思います。

とりあえず無事に戻ってきてホッとしましたが、
たまにはこういう冒険もいいのかもしれません。

家猫はいつも家の中だけだから、可哀そうだなぁと
飼ってから気づきました。
家に誰もいないときは、何も動かない空間の中でじっと待っているだけ、
というのを想像すると、退屈だろうなと思います。

大きな庭付きの家で、自由に飼える状態でなければ
本来は飼うべきではない、そんな気がします。

戻 る

TOP