小さな植林隊

雑記 2009年8月13日(木)


いのちの食べ方


「いのちの食べ方」という映画を知っていますか?
内容は自分たちの食べ物の生産現場がどのようなものか、
ただ、ひたすらその現場の映像が流されるのですが、
とても考えさせられるものがあります。

ずっと前からみたいと思っていたのが
WOWOWで放送されたので、
ビデオに撮ってやっと見れました。

野菜が生産されている現場、
魚がさばかれている現場、
そして鶏肉、豚肉、牛肉が生産されている現場。

虫に食べられないように、人間だけが食べられるように、
大量の農薬を撒く。

外の光を浴びることなく鶏舎の中で生まれ、
物のように扱われながら育てられ、そして食肉となる。

子豚を育てるのにも1頭分しかない広さに押し込めて乳を飲ませる。

生きている牛が、屠殺場で電撃を受ける前に、おびえる姿。


私たちが食べている食べ物は、もともとは生きている命。
人間はいつから、食べる物を、単なる「物」として
扱うようになってしまったのでしょうか?

食事をする時に「いただきます」というのは「命をいただく」ということ。
昔の人は食べることに対して感謝の念を持っていました。
私たちもその心を忘れてはいけないと思います。


「食べること」とはどういうことなのか、
それを考えさせてくれる映画なので
是非機会があれば見てみてください。

戻 る

TOP