小さな植林隊

雑記 2008年8月1日(金)


暑い夏の夜を快適に過ごす方法!


私は基本的に夏、冬共にエアコンを使わないで過ごしてきましたが、
ただ単にがまんしていたわけではありません。

夏場、暑くなったら涼しくなるように工夫していました。

2007年の夏は埼玉県熊谷市で40.9度という日本での最高気温を更新しましたが、
その夏は私は扇風機もつけずに過ごすことに成功しました。(^-^)

方法は非常に簡単。

水シャワーです。


お風呂に入る時、水シャワーを使います。

熱いシャワーや熱い湯船に浸かるということをしたら熱くなって当然です。
逆に、冷たいシャワーを浴びれば涼しくなって当然です。


水シャワーだと、水を温める電力も必要ないので、その点でも省エネです。
また、実際浴びるとわかりますが、夏でもずっと浴び続けるのは冷たくて厳しいです。
だから体や、頭を洗ったあとに流す時だけ浴びるようになります。
つまり、自動的に節水するようになります。(^-^)

自動的に節水、水を温める電力不要、そして、お風呂から出たあともエアコン不要。
とっても効率的な方法です。
しかも、水シャワーは

気持ちいい!!

ここが重要ですね。

最初、慣れないうちは、いきなり冷たい水からではなく、ぬるい程度の温度で挑戦してみてください。
徐々に慣れてきたら水に思い切って挑戦してみてください。

夏、海やプールに行くと、水シャワーを浴びますよね。
あの感覚が家でいつでも味わえます。(^-^)
思わず、「うわぁ」という声が漏れてしまうかもしれませんが、まぁそれも一興。笑


そして、さらにもう1段階、温度を下げる手段。
水シャワーを浴びた後、できるだけ体を拭かないでお風呂から出ます。
(足の裏は床がびしょびしょにならないように拭いてもいいです。)

そして扇風機の前に座ってスイッチを入れてみてください。

濡れた状態で風を吹き付けると気化熱による冷却効果がでます。


これはかなり強力です!
やってみればわかりますが、体が寒いと感じる程度まで冷やすことができます。

ある程度、体の温度を下げることができれば、後はとめても体が涼しい状態で続きます。


この2つの方法で、夏はエアコンなしでも、快適に過ごせます。
後は、また暑くなったら、この2つを繰り返せばいいだけです。
寝る前にまた暑いと感じたら、ちょっと水シャワーを浴びて、扇風機の風で気化熱による
温度低減をしてください。


ある程度慣れてきたら、さらに扇風機を使わず、うちわで風を起こして、さらなる
省エネに挑戦してみてください。


こんな感じで、夏はエアコンなしでも平気でした。
私は我慢というより、むしろ楽しんで「挑戦」していました。(^-^)
みんなもやってみて、エアコンなしでいけたら友達に自慢してみてください。
この方法は本当に気持ちいですよ!

戻 る


TOP