小さな植林隊

雑記 2008年1月7日(月)


いのちの食べ方


今渋谷で上映中の映画「いのちの食べ方」。
私はまだ見ていないのですが見た人いるでしょうか?

内容は、私達が食べる食料がどのようにしてつくられるか、を知ることができる映画です。

といっても説明やナレーションはほとんどないようで、
ただひたすら、工場の様子が流れるそうです。



私達が普段食べる牛肉、豚肉、鶏肉、魚。
それはスーパーに行けばパックに小分けされた商品としておいてあります。

いわゆる、「物」の状態です。

しかし、肉や魚はもともとは生きていた動物。
その動物が物へと変わる過程は普段私達は知ることができません。

その為、食べ物に対しての感覚がおかしくなっているのが今の状況だと思います。


お金を出せば食べられる。

肉や魚の価値は値段で決まる。



しかし、実際はそうではありません。

どの肉もどの魚も元はすべて命。

食べることの裏で必ず命が絶たれているのです。

本来、命には差はありません。

外国産が安いからと言って、海外の牛や豚の命の価値は低いのかといったら、違いますよね。

舌触りがいい物、歯ごたえがいいものが価値が高い、それは人間だけの価値観です。

食物連鎖の中で見れば、どんな生き物も、どこに住む生き物も大事な存在です。


しかし、お金と言う価値基準だけで見てしまうと、命の存在がなくなります。



食べ放題と言う文化。


これこそまさにお金によって価値判断が狂わされる、間違った文化です。

といっても私も若い頃は何も知らず利用していました。
2〜3000円くらいでなんでも食べ放題。

私はお店に入ってお腹に詰め込むように食べました。
その時頭にあったのは、「得をしないと」、「友達には負けない」
この発想でした。
食べ終わるとお腹が苦しくて気持ち悪い。
そしてお店のトイレで吐くというのがよくありました。

何のために食べているのか、わかりませんでした。
命のことなど全く考えていません。


なぜ食べ放題などをお店がやるのか。
それはお金を儲けるためです。
食べ放題と聞くとなんだかお得と思う人達を集めるためです。
提供する側も食べる側もお金の損得しかありません。


こうして先進国で大量消費される裏側では、大量の命が作られ、そして絶たれています。


日本は食料自給率が40%をきって39%となってしまいました。
しかし、食料廃棄量は2300万トン、なんと世界一の残飯大国です。
足りないから輸入しているにもかかわらず、余るから残飯として捨てている。

どれだけおかしな国なのでしょうか?

どれだけの命を無駄にしているのでしょうか?


そして歪みが起こっています。

BSEは飼育している牛に、えさとして牛の骨や廃棄される部位を食べさせた結果です。

牛に対して強制的に共食いをさせていたために起こったものです。

これこそ、私は天罰だと思います。

なぜこんなことをしたのか?

コスト削減もあったかもしれません。

しかしもう一歩進んでみると、そこには過剰需要があったからではないでしょうか?

その過剰需要に応えようと、大量に供給するために、大量に生産する必要があった。

しかし、とうもろこしや牧草などの飼料では高くつく、

だから廃棄される牛肉の部分や骨などをえさとして使ったという流れじゃないでしょうか。


遺伝子組み換えの大豆やとうもろこしなどもあります。

これも大量供給をするためにしていること。

もともと自然界に存在しないものを科学の力で作り出しています。


本来は全て自然の中の循環だけで成り立つべきものですが、
お金で価値判断を狂わされ、過剰需要と過剰供給が起こり、
過剰供給に対応するためおかしなことをしているのが今の状態です。


食べると言うことは「物を食べる」のではなく、「命を頂く」と言うこと。

その原点を知る事ができるいい映画だと思います。
食べ物のありがたみを感じることができるようになります。
機会がありましたら是非見てみてください。

「いのちの食べ方」
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/
(リンク先のtrailerをクリックすると予告編が見れます)

戻 る


TOP