小さな植林隊

雑記 2007年9月6日(木)


くもの克服


8月25、26日でキャンプしてきました。

最近自然の中にいる機会が多いので自分に課題を与えています。

それは虫に慣れる事。笑

自分が育つ中で虫はしばらく身近ではありませんでした。

子供の頃はバッタ、団子虫、ハサミムシ、かえるなど色々触っていた記憶がありますが、

中学生以降、ほとんど触らなくなったと思います。

なのでつい最近まで虫が苦手になっていました。

特に苦手なのがくも。

これは子供の頃から大嫌いでした。

理由は見た目が気持ち悪い。ただそれだけです。

しかし、よくよく考えると、気持ち悪いと言うのは感覚の問題だから

感じ方を変えれば克服できるのでは、と思い始めました。


先日行ったキャンプボランティアでもくもに出会いました。しかも結構大き目のがたくさん。

大きいといっても、本体はとても小さく、足が長い、よく森の中にいる、地面を歩いているタイプです。

これはぱっと見、そんなに気持ち悪くないんですね。

で、それをスタッフの人が子供達の前で、これは毒ないし、触っても大丈夫だよ、と

説明していたのを見て、何か心の中で開けるものがありました。


8月25日26日のキャンプで出会ったくもは、キャンプボランティアの時に出会ったくもより

いかにもっていう感じの、気持ち悪めのくもでしたがばっちり触ってきました。(^-^)

どうです。気持ち悪いでしょ。笑

最初はおっかなびっくりだったけど、自分からくもに触っていこうと思っていたら

案外大丈夫でした。(^-^)

しばらく手に乗っけていたら少しかわいく見えてきました。笑

ただ、これが突然上から降りてきて顔にくっついたりしたらまた話は別かもしれません。笑

知っている人もいると思いますが、私は以前、オリエンテーリングをしていて

顔からでっかいくもの巣に突っ込んだとき、恐怖のあまり、心のそこから絶叫しました。笑

その時の様子を友達に見られたのですが、友人いわく、「鉄砲にでも撃たれたのかと思った」

という有様でした。(^-^;)

そんな自分が自ら触れるようになっただけでもかなりの進歩だと思っています。

要は考え方一つってことですね。(^-^)

戻 る


TOP