小さな植林隊

雑記 2007年8月1日(水)



キャンプボランティア 名栗


7月28日29日でキャンプボランティアに参加してきました。

内容は幼稚園児や小学生の活動補助だったりその下準備、施設の手入れなどです。

具体的には、しょいこをしょって、林の中にあるオリエンテーリング用の看板撤去(古くなった為)、

新しい看板つくり(ペンキ塗り、なたを使って先端を細くする)、野外炊飯の器具の準備、

クラフト製作の補助(木のボールペン作り)、カブトムシのえさやり、沢遊びの写真撮影と補助などなど。

沢遊びは幼稚園児だったのですがみんなかわいい。(^-^)

すぐになついてきます。ちっちゃいけどみんな色々な個性があります。

女の子二人でいつも一緒に仲良く笑っている子、元気いっぱいの典型的なわんぱく坊主、

厚めのメガネをかけててテレビっ子なのかと思いきや、毛虫が足についていても全く動じない子などなど。

その中で一人ずっと泣いている女の子がいました。

お母さんと離れて寂しくて泣いていたのですが、受付から沢に行くまで、

そして沢についてからもしばらく泣いていました。

その間、気を紛らわそうと話しかけたのですが、話をしている間は泣き止むのですが

終わるとまた泣き出す始末。もう、全力で泣いていました。

私も初めての経験でどうしていいのかわからず。(^-^;)

しかし、沢に魚を放流してつかみどり大会が始まるといつの間にやら泣き止んでいました。

そして最後、沢遊びが終わって下駄箱でくつをぬいでいるときに、玄関に水筒が置き忘れてあったので

私が誰のものかみんなに聞いたとき、その泣いていた子が、すすんで「〜ちゃんのだよ」と

教えてくれました。一緒に部屋まで探しに行ってくれて、その時は、

その子の成長が見れた気がしてなんだか嬉しかったですね。

普段経験しないことがたくさんできて本当に楽しかったです。

また来週、再来週と行ってきます。興味ある人は一緒に行きましょう。

戻 る


TOP