小さな植林隊

活動報告 平成22年(2010年)10月16日(土)



新宿7時集合


樹恩が定期的に行っている神川での作業に参加してきました。
私が樹恩を知ったきっかけは2007年にこれに参加したことです。
新宿でバスに乗り、そこから埼玉県神川町まで向かいます。

今回は途中で、私の前に座っていた若者が揺れに酔ってしまい、
車内で吐いてしまうということがありました。
普通は前の座席に袋が用意されていると思うのですが、それがなかったため、
衣類と座席と床に吐しゃ物が。。。
途中のサービスエリアで、ふき取り、衣類の洗濯をして再出発。
ま、人生色々あるものです。

現場は快晴でした。


つる系の植物が木の上部まで覆っています。

大鎌を使ってつるをがんがん切っていきます。

草刈は、植えた木よりも早く成長する植物を取り除き、植えた木が立派に成長する為に行うものです。
本来の自然界では、長い年月をかけて、植物の遷移の中で、生き残ったものだけが、
立派な木として残りますが、森作りでは、植えた木を立派にするために必要なことです。
そういう意味では、草刈は、植林と同じくらい大事なものです。

つるは大量にあり、なかなかはかどりません。
草がまとまるとこんなに重いのかという感じです。
自分の体を中心に円を描くように草を刈っていき、刈った草は中心にまとめます。
大鎌は柄が長いので、立ちながら簡単にすぱすぱ切れますが、
今回はかなりやりがいがありました。

作業現場。

冬桜が咲いていました。

このあたりは冬桜が有名です。
10月ですがすでに小さい花が咲いていました。


作業後は添加物が使われていない自然食品を販売している
ヤマキ醸造へ寄り道して来ました。

水にこだわりここに蔵を構えたそうです。

ヤマキ醸造、いいところです!
http://www.yamaki-co.com/

戻 る


TOP