2007年 10月21日(日) 小さな植林隊 フリマ&広報活動 代々木公園


10月21日(日) 8時30分 原宿駅表参道口集合

前々からフリマやろうという話があり、ついに代々木公園でのフリマにみんなで参加することになりました。
最初は4人くらいでやるつもりだったのですが、人数が増えて、結局7人。
2.5m×2.5mのスペースに4人でもきついかなと思っていたのですが7人になり、全員は座れなくなりました。笑
まぁ、交代交代でぶらぶらすればいいということで決行。
メンバーはひでさん、くに、てっちゃん、はるちゃん、ゆーみん、ゆーみんの彼氏、そして私。
4ヶ月ぶりの原宿で楽しみです。では活動報告スタート。(^0^)/


まず最初に間違いを起こしました。
みんなには前もって集合時間を8時30分と言ったのですが、ゆーみんは前日改めて集合時間を聞いてきて、
その時私は8時集合だよ、と間違って伝えてしまいました。
で、私とゆーみん、そしてゆーみんの彼氏は8時に原宿集合。私の勘違いによる犠牲者2名。笑
みんな8時を過ぎても来ないし、連絡もないのでおかしいなぁ〜なんて話をしていましたが、
早めに来たくにが、集合時間8時30分でしょ?っていって、もやもやがすっきりしました。笑
お二人さん、ごめんちゃい。

時間になり遅刻常習者のはるちゃん(笑)以外はそろったので会場へ。
みんな結構色々持ってきていました。

9時ごろ会場につくとすでにたくさんの出展者が集まって、各自準備をしていました。
私たちも受付を済ませ自分たちのスペースへ。

場所は歩道橋の下。日陰になっていて、いまいち。
2.5m四方のスペースは思っていたよりも狭く感じましたが、何気にみんな持ってきた分をちゃんと陳列できました。

フリマのスタートは10時ということになっていましたがまだ準備段階の9時30分辺りから、
目ざといお客さんが私たちのところにもちらほら現れました。

私はそんなの関係なく持ってきたシルバーの値段決めと値札付け作業へ。

シルバーはそんな値下げして売るものでもないと思っているし、どの道交渉されて値下げすることは必至なので
一般価格より少し安いくらいで値段を付けていたのですが私の値段を見たくにが強気だなぁなんていってました。

そしてもう一人強気な男が。

前回6月の活動報告で紹介したてっちゃんが、強気な値段で勝負していました。笑
単に欲深いだけというのは前回のことで証明済みですが。笑
ただ、てっちゃんの体にはは破格の10円の値札が付いていました。というより付けられていました。笑
てっちゃんの胸に輝く10円の値札。投げ売りしすぎです。売れ残りましたが。笑

私とてっちゃんの値段の付け方はフリマの客からすると想定外だったようで、
てっちゃんが出品していた服を手に取ったお客さんがその値札を見た瞬間に、
すぐさま商品を置き、一目散に逃げていきました。笑
あたかも何か見てはいけないものを見たかのごとくです。笑
私たちはその驚きようを見て笑ってました。

また、私が他の出展物を見て回っている間に、私が出品していたシルバーの問い合わせがあったということで
ひでさんから電話があったのですが、その内容が「これはどこかのブランドですか?」ということでした。
そんなブランドものならもっと高いだろって思ったのですがせっかくなので、
こーいちブランドだって伝えておいてとひでさんに言っておきました。
もちろん売れませんでしたが。笑

ちなみに宝飾関係はある意味夢を売っているようなもので、値段はあってなきがごとしです。
本人が気に入ればその値段の価値になるのです。
今回の写真は途中で応援に来てくれたりゅうじに撮ってもらいました。一眼レフのこだわりを持つだけあって構図がうまい。


ゆーみんはいいものをお手ごろ価格で売っていたので一番順調に商品を売っていました。
ほとんど服でしたが組み立て式のハンガーを持ってくるほど気合が入っていました。笑

遅れてきたはるちゃんは服と手作り商品(動物の針刺し)。
手作り商品は原価割れの値段をつけていました。笑

ひでさんが持ってきた電気ポットとラック(2つとも大き目)は無事売れて持ち帰る憂き目を避けました。

くには今回持ってくるものが少なめで悔しがっていました。
持ってきたスーパーボールと、ボディソープは見事売れていました。笑

こんな感じでみんながいる時は立っていました。

午後になり、前日連絡をしておいたりゅうじがようこちゃんをつれて応援に来てくれました。(^-^)
穏やかな午後の日差しの中、みんなで集合写真。りゅーじとようこちゃん、わざわざ来てくれてありがとう。(^-^)/


実は今回のフリマはもうひとつ目的があって同じ会場内にNPOブースが出展しているので
せっかくだからということで小さな植林隊の広報活動も目的のひとつでした。

11月3日のパーティ用に使うアルバムと案内を作ってきたのでそれを
私たちの出品スペースの前に置いていました。

なかなか手にとって見てくれる人がいなかったのですがたまーに立ち止まって見てくれている人もいました。

せっかく持ってきたのにこのままじゃしょうがないのでとおりがかった人に私の方から声をかけていきました。
反応は大体の人が良い反応でちゃんと聞いてくれました。
その後私とひでさんと広報担当のくにで自分たちの活動を紹介してきました。
話を聞いてくれた人にはひでさんに作ってきてもらった小さな植林隊のアドレスと私の連絡先が書かれた紙を渡しました。

その結果は、、掲示板に書き込みをしてくれた方が1名いらっしゃりました。(^-^)/
・・・以上です。

まぁ、いきなり見ず知らずの人に声かけられてすぐ連絡してくれるなんてそんな甘くないですよね。

だからこそ、書き込みをしてくれた方には感謝です。反応があっただけでも報われました。

実際私も他のNPO団体などをよくみますがすぐに連絡を取るということは稀です。
タイミングが合ったときになるものです。

今回の広報活動は楽しかったのでまぁよしということで。笑


ちなみに私のシルバーですがこの日は2個売れました。

一人は韓国のおばちゃんでお土産に買っていきたいとの事でしたが、
私が持ってきていた中でもお気に入りのブック型小さいピルケースで、6000円で売っていたのを3500円にまけてくれと
言われましたが、さすがに3500円じゃ、こっちも売る気になれず、かといって折角興味を示してきたのにむげに断るのも
なんだったので「う〜ん、いやぁ、それじゃ売れない、だってこれかなり価値あるんだよ。」
というような感じの言い方で拒否の姿勢をだしつつすぐに交渉決裂にならないような感じの態度で接したところ、
「私、このシルバーの価値わからない、このデザインが気に入っただけ、だからもっと安くして」
というむちゃくちゃな交渉をしてきました。( ̄Д ̄;)


なんでシルバーの価値がわからない人にシルバーを、しかも値切られて売らなければいけないんだ?
という思いが心の中であり、さっきのようなやりとりを2〜3回した後、
私も売る気がだんだんなくなってきたのですが、そこで、すかさずおばちゃんは1万円札を出してきました。
まだその値段で売るなんて、言ってないのに。

それをみて私の周りもざわざわとどよめきます。笑

ゆーみんはそんな無理に売らなくていいんじゃない、とアドバイスしてきました。
しかし、すでに私の心の中は動いていました。
現金即決!笑

でも3千円台はどうしても許せなかったので4千円ということで値段を提示しました。これ以上下げるつもりはありません。
そしたらおばちゃんも、じゃそれで!
ということで商談成立。

こうして一つ目のシルバーを売ることになりました。
ただ、売った直後は嬉しいのやら悔しいのやら、複雑な感じでした。(´〜`;)


2人目はフリマ終了間際に来た女の子です。
その子はシルバーを色々手にとって物色した後ひとつに狙いを定めてきました。
2500円で売っていたシンプルなリングです。

その子はこれいくらになります?と聞いてきたので
2000円でいいよ、と回答したのですが、そんな事聞こえなかったかのごとく、
250円でどうですか?と聞いてきました。十分の一って。。(^-^;)

また周りがざわざわとどよめきます。笑

当然いきなりそんな値段で売るつもりはありません。
が、やさしい私はむげに断れないのでクイズで私の年齢を当てたらまけてあげるということにしました。
チャンスは2回。これであたらなければ2000円、当たれば250円です。

年齢当てで2回で当てるのは不可能だと思っていたら、予想通り、2回ともはずしました。
よし、と思ったら満面の笑みで250円〜。といってきました。

話が違う。

するとその子はお財布を出して私お金ないんです、と聞いてもいないのにそんな告白をしてきました。
といっても私もその程度でくじけるほどやわじゃありません。

前回同様、やんわりと売れないという姿勢を示しつつ、少し雑談をしたのですが、
今大学生?と聞いたときに、その子がまだ高校生ということを言ってきて、だからお金ないんです。250円。
とすかさず2回目の交渉に入ってきました。

私の心の中は揺らぎました。高校生かぁ、じゃあお金ないのはしょうがない。。。

なぜか納得してしまっていました。

かなり粘ってきていたので仕方なく私も諦め、250円で売ることにしました。
結局惨敗。はぁ。

またしても売れたけど悔しさが残りました。
ま、でもこれだけ粘り強くきたし面白かったからいいかと自分を納得させました。


最初の方で書いた
「 宝飾関係はある意味夢を売っているようなもので、値段はあってなきがごとしです。
本人が気に入ればその値段の価値になるのです。」
この言葉が完全に吹っ飛んでいました。笑


そんなこんなで時間も過ぎていたので撤収開始。
てっちゃんのポールスミスのベストが最後500円になっていましたけど、すでに時遅し。笑
最後の客も手にとって見ていたけど買ってくれませんでした。
やっぱり10円の値札が付いている人からは買う気にならないのでしょうかね。笑

会場を出てからは原宿の竹下通りのパスタ屋で夕飯を食べて帰りました。

また暖かくなったらみんなでやりましょう。
一日お疲れ様でした。(^-^)/

戻 る


TOP